KIMG196表紙4

ちはやちゃん日記2    ちはやちゃんは箱入り娘。

今日は朝少し曇っていたから涼しいかなぁ、と期待しましたが、なんのなんの。今日も夏が全開です。

我が家の末っ子、ちはやちゃん(モルモット)は、全身毛だらけなので、見るからに暑そうです。

朝6時、オトーチャン・オカーチャン・オニーチャンがおきてくると、ちはやちゃんはあいさつしてくれます。

『キューイ・キューイ』って。

餌を足してやったり、あたまやせなかを『なーぜなぜしようね』と、さすってやると

気持ちよさそうにしています。

お昼は基本的に眠そうです。

『小動物が涼しく過ごせるように』ぐっずの、大理石の板の上でのびています。

それこそ、座布団のように、べた~と広がってのびています。

暑いから、ちゃんと生きているか、心配になっちゃいます。

夕方くらいから、おめめがパッチリしてきます。

えさや水がなくなると、とてもとても大きい声で鳴きます。

ほっておくと、声のトーンがどんどん大きくなります。(やかまし)

ケージの中で大運動会を始めます。

なんだか、ずっと口が動いてます。

時々、こちらを見ながら、何か呼びかけてきます。

さすってやると、気持ちよさそうに、体がだら~んとしてきます。

さすり方が悪いと、頭突きやキックをしてきます。

ちはやちゃんがうちに来てから、なんだか、家族中が和んでます。

やっと写真が撮れました。箱入り娘のお顔を見てやってください。

かわゆいでしょ。(親ばか)

箱をケージに入れてやると、ひょいっと乗ってくるんです。

おしりに、リンゴのマークがあるのが また かわゆいです。


箱入り娘

モルモット。

実験用動物のイメージが強く、下さった方は何かの実験をしてたの?とうたぐってしまいましたが、

なんと!!きいてみたら身近な人だけでも3人も飼った事がある人がいて驚き!!

欧州ではとても身近なペットなんだそうです。

声がまたかわゆいんですよ~ん。


スポンサーサイト
  1. 2012/07/30(月) 22:54:32|
  2. ちはやちゃん日記(モルモット)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花火大会

昨日は、我が家の前、本通り並みとまではいきませんが、かなりの人通りでした。

なぜならば・・・『広島みなと花火大会』に行く人たちの通り道になるから。

ワタクシも、その43万人(主催者発表)の人ごみに紛れ、花火を見に行きました。

43万人って・・・単純計算で、広島市の約3分の一の人が行った計算ですね。どおりで人が多かったはずだ・・・

7時に家を出発。7時20分、会場到着!!!

座る場所を確保して、観光親善大使の交代式を聞きながら、(見えるほど前の席ではありませんでした)

夕闇迫る中、お月様と一緒に花火の開始を待ちます。

いよいよ8時。花火の開始です。ほぼ真上を見上げるような位置だったので、

視界からはみ出すほどの花火と、花火が上がるときの爆風で、迫力満点。

約一万発の花火だったそうですが、どれもこれも素晴らしかった・・・のですが。

カメラの腕がいまいちなのと、何よりも花火を見るのに忙しくって・・・

素晴らしい花火の映像は、もっと腕のいいカメラマンのかたのブログなりをお探しくださいませ。

花火があがる度に、会場かからはどこからともなく拍手が沸き起こり、

また、『メモリアル花火』という、応募して抽選で当たった個人の方が

何かしら記念日のために打ち上げさせていただける花火の時には、

どこからともなく『おめでとー』『ガンバレー』と声があがる。

このライブ感がなんとも言えず、いい。

花火が終わった後、司会の方が、打ち上げ場所の花火職人さんに、

携帯電話などの光でありがとう!!!の合図を送りましょう、と言われました。

会場が一体になって合図を送ってました。粋な計らいですね。

そうそう、写っている、さかさまニコチャンマーク花火はあの後、ハートマークにかわるんですよ~

花火





  1. 2012/07/29(日) 22:21:29|
  2. ひろしまたうん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土用です。

今日も暑い、暑い、暑い、暑い、暑いです。

今日は土用の丑の日。『う』の付くものをたべるがよろし。

平賀源内さんが言いだしっぺのウナギや、卯の花のほか、

スイカがよいと、テレビで言っていたらしいです。なぜにスイカ?と思いきや、

『ウオーターメロン』で、『う』が付くと。

なるほど。

ほかに、シジミを食べたりしますね。

近頃は、ウナギが高いからと、広島では、アナゴが人気になりつつあります。



『土用』って、夏だけでなく、春夏秋冬、すべての季節にあるそうです。

なんと起源は、五行思想にあるそうです。

いろんな事象を『木火土金水』に当てはめて考える中国で大昔からある思想です。。

例えば春は『木』、夏は『火』、秋は『金』、冬は『水』に当てはめて考えます。

それぞれに対応する色、季節、方角、その他諸々も決まっていて、

『木』の春のカラーは『青』。ほら、『青春』という語の語源です。東に対応します。

『火』の夏は赤。朱、ともいい、夏の異名を『朱夏』といいます。方角は南。

『金』の秋は『白』。有名な北原白秋さんはこれにちなんだ名前です。西に対応します。

『水』の冬の色は黒。玄、ともいい、冬の事を『玄冬』といいます。方角は北に対応。

あら、今日の話題の『土』が出てきませんね。

『土』は、方角は中央で、カラーは黄色に対応します。

四季が4つなので、木火土金水のうちの余った『土』は、

各季節の中に『土用』という期間を設け対応させているそうです。


なんだか、日常に接する言葉にも、いろんな起源があるのは、面白いなぁ、と思う今日この頃です。

IMG_2648去年のすいか

写真は、去年勝手に『生えてきた』スイカ。

直径3センチくらいでしたが、いっぱしに甘かったです。


















  1. 2012/07/27(金) 23:49:39|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家庭菜園日記7     赤おくら3変化!!  それから篠笛。

  7月26日(木曜日) 天気(晴れ)  (今日は、小学生の絵日記風に)


今日、赤おくらの花が咲きました。

前に見たときには、ピンク色だったので、ずっと赤おくらの花はピンク色だとおもっていました。

だけど、このあいだおばあちゃんの家に行ったとき、黄色の花が咲いていたので、不思議におもって、

観察してみることにしました。

昨日の夕方に、つぼみが大きくなっていたので、今日の朝はがんばって早起きしました。

朝の6時に、観察したら、黄色い花びらが見えていました。

お昼の12時ごろに見たときには、黄色い色の花が咲いてました。

真ん中のほうは濃いい色でした。花粉のついたおしべがたくさん見えました。

お昼寝をして、おやつを食べて、5時ごろに見に行ったら、花が閉じて、ピンク色に変わっていました。

赤おくらの花は、はじめは黄色いけど、後からピンク色に変わる事や、

朝咲き始めて、お昼に満開になって、夕方にはしぼんでしまう事がわかりました。

IMG_0940おくら花



さてもさても。今、小学生だったら、いろんな観察日記がかけて、『なんとか賞』(市長賞とかそんなの)とか、

取れるかもしれない、そう思っちゃうくらい、自然の中は、ネタ、いえいえ、不思議がいっぱいです。

せみ採りにはじまりせみ採りに終わる夏休みだったので、『なんとか賞』は無縁でしたが。

せみ採りも、やり方次第では『なんとか賞』につながるんでしょうけど、ネ。

閑話休題。

きょうは、午後から、じつはおやつは食べたけどお昼寝はせず、公民館の篠笛作りに行きました。

竹の表面をサンドペーパーで磨くところまでが、受講生の仕事です。

目の粗いものからスタートし、最後、細かい目のもので磨きました。

この先は、講師の先生が、竹笛の内面に漆の塗料を塗ってくださるそうです。

笛を吹いたとき、つばなどで中が湿って、竹が割れてしまうのを防ぐためだそうです。

乾いたころに、受講生が集まって 篠笛を吹いてみるそうです。楽しみだな~♪(鳴るかどうか、ちぃと心配)。
  1. 2012/07/26(木) 22:19:11|
  2. 家庭菜園日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家庭菜園日記6 なんちゃってバーバママ。

今日も暑かったですね。

熱中症で救急搬送される方が多いのでしょうか。救急車を今日もたくさん見ました。

わたしも昨日は少々頭が痛くなりました。ひょっとしてやばかったのかもしれません。

暑くって弱っているのは、ニンゲンサマくらい、オヤサイサマは元気です。

数日前には一本目の赤おくらが無事収穫できました。

IMG_0925okura.jpg

次のおくらのつぼみが一両日中にほころびそうになっています。

果たして花は黄色なのか、ピンクなのか。謎が解けるのはまもなくです。


余談ですが、サイズを見るためのバスカードが写っています。

広島市内の電車・バス用のバスカードは、ICカードに替わったため、もう使えません。

3月いっぱいで払い戻しは終了した、と聞いていたのですが、払い戻し期間が少々延長しているようですよ~

いつまで受け付けるかは未定だそうですが、払い戻ししたら、ちょっとした臨時収入気分ですね。

もしもお財布の中に定期入れの中に使い残しのバスカードがあったら、払い戻しに、GO~!!

    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 
さてさて、それから。何の実か名前がさっぱりわからない、ウリ科の植物です。

無事にすくすく大きくなってきました。

上をむいていたのが、ふと、気がついたら、下を向いておりました。

この姿、どこかで見たことがあるなぁとおもったら・・・

絵本の バーバパパの奥様、バーバママだ☆

<IMG_なんだぁこれ
  1. 2012/07/25(水) 21:17:59|
  2. 家庭菜園日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

公民館万歳!!その2  篠笛作り2

今日も暑いです。

節電の夏。暑い時には涼しいところへ!! これを今風に言うとクールシェア、だそうですが、

今日は午前中、涼しいところへ行きました。その名は『公民館』。

広島市内の公民館はどこもたぶん火曜日定休。

今までいったことのあるところはどこでも、図書室や、ロビーでゆっくりする事ができました。

職員さんと顔なじみになると、もっと居心地がよくなること請け合い。

本の貸し出しは、手続きが簡単で、市・区や県の図書館ほど多くの本はありませんが、

身近にあるので、気軽に利用させていただいています。

さて、今日は、図書館利用ではなく、土曜日の続き、公民館主催行事の、篠笛作りの続きです。

今日は、講師の先生におんぶに抱っこで「てごう」していただきました。

まず、電動のドリル???名前がわかりませんが、

そのドリルっぽい道具の先に紙やすりを筒状に丸めたものを挿し、穴を既定のサイズに広げていきます。

吹いて音のチューニングをしながら作業していただいています。

わたしらシロートがやるには、ノギスで穴の径を測りながら行うそうです。

さて、それは棒やすりで、一生懸命していたときの手間、力、時間、すべてその半分以下かもしれませんが、

講師の先生曰く、自身の手で苦労して作らんにゃ愛着もわかないでしょ、(笛を吹く)練習もせんでしょって。

棒やすりでできた痛い痛い中指の水ぶくれをさすりながら、もっともだ。と強く頷くのでありました。

その後、笛の筒の中のクリーニング。

筒の径より小さい棒に紙やすりをぐるりと貼り付けて、筒の中をみがき、

中の薄皮や、錐の削りかすなどをのけてきれいにし、空気のとおりを良くします。

そして、歌口の上に紙を詰め、空気の通り道をふさいで今日の作業は終了。

講師の先生は華麗に、獅子舞の時につかうメロディを奏でてくださいました。


IMG_0928篠笛作り2
さてもさても、先生は簡単げに音を出しておられますが、

シロートのワタクシが吹いてみたところ、『トランペットをこわしちゃった』(?)の歌のごとく、

ドとレとミとファとソとラとシの音どころか、ウンもスンもいいません。

まずはウン、スン、鳴るところまで、漕ぎつきたいです。

息の吐き方。火を起こすときのフ~~~ではなく、ハッ、ヒッ、フッ、と言うときの口の形で

もっと細い息を出しなさい、とのこと。

見ていると、息を吹き込む角度なども大事そうです。

ふと周りを見れば・・・ほかの方は上手にウン・スンと鳴っている・・・・・♪♪♪

わたしってセンスがないのね。だから暑いんだぁ(涼しくなりました?????)

IMG_0928せんす






















  1. 2012/07/23(月) 15:29:08|
  2. 公民館万歳!!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

公民館万歳!!その1 篠笛作り

今日は、近所の公民館にいきました。

『公民館』、わたしが子どもの頃はまだあまり公民館がなかったとおもいます。

公民館って何するところ?さっぱりわかりませんでした。

おじいさんおばあさんしか行っちゃ行けないところだとおもってました。

利用させていただく様になったのはここ10年くらいでしょうか。

公民館便りで見た講座に参加したことをきっかけに、ずいぶん敷居が低くなりました。

いろんな公民館でいろんな企画がありまして、しかも、格安で参加できます。

おじいさんおばあさんでなくても、ネ♪

で、今日は、『篠笛』作りです。

篠竹、と言う細い竹で作った横笛です。

お神楽や、獅子舞のときに吹かれる、あの笛。

竹の下準備なんか、きちんとしていただいており、ありがたい限りです。

さて。竹のわっかの中に、割った竹を入れます。

きりで穴を開ける際に反対まで貫通させない工夫だそうです。

使ったきりが「ねずみきり」と言う名のきり。確かにねずみの足先のような形です。

こいつをくるりくるりくるり・・・と回転させ続けると次第にまん丸く穴が開きます。

この単純作業、意外に筋肉を使うと見え、冷房完備の部屋でも体が熱くなりました。

笛の穴は『歌口』といわれる、口を付ける穴と、あと音階用に6つ、穴がありますが、

その穴はそれぞれ7ミリ~9ミリにするそうです。

目安にかいていただいているその赤い線まで穴を広げるのに使ったのが棒やすり。

これもまた地道な上に案外な力仕事。

本日はここまでの作業を終わらせました。

息を吹き込んだら、辛うじて音は鳴ったので、よかったです。




IMG_0928篠笛作り
  1. 2012/07/21(土) 18:48:28|
  2. 公民館万歳!!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家庭菜園日記5 赤おくらの花もやはり黄色?

梅雨が明けました。明けましておめでと・・・と言わんばかりにせみの合唱。アブラゼミの声も聞こえてきました。

お日さまの光を浴びて、あれこれ花が咲いてます。

ミニトマトとインゲン豆は次々花が咲き収穫を迎えています。

IMG_0877楽しい収穫

先日ご紹介した『この実 何の実 気になる実』は無事受粉したらしく着々と大きくなってきています。

枝豆の花もようやく開花。ここまで来るの、大変でした。枝豆の話は また後日ということで・・・・


さて。『赤おくらの花はピンク!』先日驚いたところですが『赤おくらの花もやはり黄色?』疑惑が急上昇中。

実家に、同じ種の袋から育ったいわば兄弟の赤おくらがあります。

先日昼前に見たら、家庭菜園の本に載っているとおりの黄色い花が咲いているゾ~。(あれれ~)

2・3時間後には花がしぼみオレンジ色に変わっています。(あれれれ~?)

そして、夕方には、な・なんと、ピンク色です。(あれれれれ~???)

次の小さいつぼみが咲く頃に、ちゃんと観察して見なくてはなりませんね。

あれこれ驚きがつきません。

この写真は ↓ お友達にいただいたトマトと瓜。たぶんあじうりとかまくわうり。甘い瓜です。

冷やしていただきま~す。

IMG_0923能美のトマト
  1. 2012/07/18(水) 23:00:33|
  2. 家庭菜園日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家庭菜園日記4 うちで胡瓜を植えないワケ&茗荷シーズン到来。

広島では久しぶりのお日さまでとても暑くなりました。

湿気が多いので、遠くの山や高いビルのてっぺんなどが

ほんの少し白くもやがかかって見えたのは気のせいでしょうか!?

暑くなるとなますなど、酢の物が美味しいですよね。

美味しすぎて、残った汁まで飲み干しちゃいます。はい。

なますといえば、胡瓜が定番です。

採れたての胡瓜は、いぼいぼが手に刺さるほど痛くて、みずみずしくてとても美味です。しか~し。

我が家ではあまり胡瓜の栽培はしません。

なぜかと言うと・・・。

複数のご近所さんから、立派な立派な胡瓜をいただくから。(毎年アテにしてます、はい。)

IMG_0911いただいた胡瓜
この度いただいた胡瓜は、大雨のせいで収穫期が遅れて大きく大きくなった、

とてもとても立派なキュウリです。

東北向き、日当たり悪し、たったの一坪農園(庭)では、作った事はありますが、とても太刀打ちできません。

だ・か・ら。 来年も、 待ってマ~ス♪

なますに入れる胡瓜のお供には、↓茗荷の子なんかいかがでしょう。 茗荷は半日陰でOK!! 
IMG_0904茗荷

スーパーで買う茗荷の子は、お値段のわりに水っぽくて香りもいまいちで、正直あまり美味しくないです。

その点、実家や、田舎のおばあちゃんちの庭先で採れたものはおいしいんよ~。

その味が忘れられず、何年か前に家にも植えちゃいました。

食べ過ぎて、物忘れをしないよう気をつけましょう。

さて、今日は、甘酢に漬けてみました。

去年初めて漬けましたが、きれいなピンク色が出ました。

今年はどうかな? ビンの色が茶色なのでわかりにくいですねぇ。(ビンの選択、ブログ的に失敗!!)

茗荷に関する変な(?)お話を・・・

ずっと以前、かしわ餅を作りました。広島ではサルトリイバラの葉っぱで作ります。

かたら餅、とか、たたら餅とか呼ばれているとおもいます。しば餅と呼ぶこともあるようです。

で。その葉っぱで餅を包んでいたんですが、数が足らなくなって。

さて、どうしよう。ふと見ると、庭先で茗荷の葉っぱが茂っているではあ~りませんか。

それを使って、かしわ餅を作りました。意外ににおいも気にならなかった記憶があります。


茗荷の子の先っちょの、ぎざぎざした姿を見ると、映画『もののけ姫』にでてくる、

名前忘れちゃいましたが、、首をもがれてしまう神様の動物のたてがみに見えてしまうのは、わたしだけ?

ちなみにいとこのお兄ちゃんは、『こんにゃく』の茎が、

その神様の動物(テイタラボッチと言う名だった?)がにょーっと伸びたときの姿に見えると言ってたなぁ。














  1. 2012/07/15(日) 22:28:28|
  2. 家庭菜園日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家庭菜園日記3 おくらの実 と この実何の実?気になる実。

今日も雨です。朝、8時前後の雨、すごかったです。

(九州のほうの方の事を思えば、広島の雨はすごいうちには入らないかもしれませんが・・・)

雨の影響でしょうか、JRの山陽線など、長いこと止まっていました。

広電の電車は止まらなかったので、宮島線はたくさんの人が乗っていて、ぎゅうぎゅうでした。

こちらも雨の影響。

ほころんでいた赤おくらの花は結局開きませんんでした。

花びらがぶよぶよになり・・・・ おくらっぽい粘り気のあるぶよぶよを恐る恐るのけたら、

なんと!!! 中から、おくらの実、らしきものが登場。

自家受粉したのでしょうか?数日立てば、結果がわかるでしょう。

IMG_0894okura.jpg

花が咲いたが謎だらけ、と言えばこれ。

二日前に黄色い花が咲きました。人工授粉しました。

だから若干大きくなったような、なってないような。(写真自体、多少右のほうが近くで撮っていますが)

IMG_0885urika.jpg

何がどう、謎かと言うと。

あなたはいったい誰ですか。わかりません。

カボチャ?のような感じですが、それにしては、真ん丸くないぞ。

肥料としてすてたものに混じっていた、去年食べた何かの種から出てきたんですが、

いったいぜんたいどなたでしょう。

去年食べた瓜のうち、きゅうり・にがうり・冬瓜・ズッキーニ・スイカは絶対ちがいますねぇ・・・

産直で買った糸うりか はみ瓜、ちょっと変わった形のカボチャかなぁ。産直にはいろんなカボチャがあるから。

そういや、バターカボチャ、なんていうのも食べたなぁ・・・

うまく受粉しているかも含めて、謎解きはおあずけです。

ちなみにこのカボチャもどき君の葉っぱには、ありこ(蟻、のこと)がうろうろしています。

なぜなら・・・うら・表の所々に小さな小さな突起があるから。たぶんそれは蜜腺です。たぶんね。





  1. 2012/07/14(土) 23:22:26|
  2. 家庭菜園日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家庭菜園日記2 赤おくらの花

夏が来たとおもったのは早とちり、再び梅雨空の再来です。けっこうな雨脚です。梅雨明けも間近でしょうか


さて、昨日、赤おくらのつぼみがほころんでいました。

家庭菜園の本の中では、おくらの花は黄色くて大きくてきれいです。

産直にいくと、食用に『おくらの花』が売られている事があります。

さっと湯がいてサラダや和え物などにし、さすがおくら!!! と言いたくなるようなぬめりがありますが、

色はやっぱり黄色です。

でも赤おくらの花は、なんとピンク色なんですねぇ・・・

花びらはさやの外にできてくるとおもっていたら、なんとさやがぱっくり開いて中から花びらが出てきました。

いろいろとサプライズの多い赤おくらです。

あいにくのお雨で、うまく花開くか、また実るのか。

何よりの心配事です。(いちばん大事なのは食べられるかどうかです♪)



IMG_0798 赤オクラ
  1. 2012/07/11(水) 21:15:26|
  2. 家庭菜園日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

似島日記3 ほたるの光

IMG_0865 戦時中の軍の弾薬庫の施設
さくじつ、夕方から、似島に行きました。

金曜日に見そこねたほたるを見に。市営桟橋から『バンカー』の船で。

いつも利用する似島汽船とは航路が違うのでなんだか新鮮です。しかも小さめの船なので海が近いし、速いっ!!

さて。金曜日、とんぼ返りの船待ちで嵐を避けたのが、ここ。旧陸軍の弾薬庫の施設です。

似島学園桟橋近くにあります。おかげさまであの大嵐を避けることができました。

ちょっと、『千と千尋の神隠し』に出てきそうな・・・・・・そんな雰囲気です。


さて。肝心のほたるはというと・・・


目分量で4~50匹、飛交っていました。

50年近く前まで、田んぼだったところが湿地になっていました。

そこに細々と生き残っていたヘイケボタル、

かれらが棲みやすいように、草を刈ったりして環境を整える活動をしています。

ヘイケボタルは田んぼのような、多少人手が加わったところがお好みのようです。

ここ2年、昔の様子により立ち返れればと思い、ほんの少々ですが、田んぼを作っています。

ほたるの写真は・・・  撮れませんでした(ざんね~ん)

だから代わりにイメージ図。

3匹が編隊を成して飛んできたところ。


IMG_0875 ほたるの飛ぶようす(イメージ)

追記。昨日は似島でもせみの声を聞きました。

ニイニイゼミがたくさん。アブラゼミが一匹。クマゼミの声はしませんでした。

昨日は東雲でもニイニイゼミの声を聞きました。

今日は県庁のあたりでもクマゼミの声を聞きました。

ひょっとして、もう夏、来ちゃいましたか?
  1. 2012/07/10(火) 21:35:59|
  2. 似島日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自然観察日記1  今年初めて?クマゼミの声

梅雨明けを思わせるほどの雷から二日目。

今日は暑くなりました。暑さをさらに増長させるような、ヤツの声を聞きました。

ヤツの名は・・・クマゼミ。ただし声から察するに一匹だけ。あわてんぼうのサンタクロース、ならぬ、

あわてんぼうのセミさんですねぇ。

場所は広島市南区宇品第一公園、通称熊平公園です。

何ぼなんでも早いでしょっ? まだ梅雨はあけてないんよ~~
  1. 2012/07/08(日) 21:41:57|
  2. 自然観察日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

似島日記2 嵐の夜に・・・・(泣)

さてさて。久しぶりにお日様さまを見ました。

梅雨が明ければ、『暑い暑い』と文句三昧になるのでしょうが、今日ばかりは嬉しいお日さまです。

ところで。似島にはホタルがいます。

一月前にはヒメボタルの成虫が見られましたが、

ちょうど今時分はヘイケボタルが見られる頃。

IMG_9493aki 小富士FROM元宇品

       ↑ ※この写真は約一年前に元宇品から撮影した似島の写真です。

約束していたので、昨日、7月6日の金曜日、

そう、あのとんでもない大嵐の日に、夕方からホタルを見に行きました。天気予報も確認せずに!!!

船を降りて、似島に上陸したとたん、空からバケツをひっくり返したような、

否、消防のホースの放水のような!!!ものすごい雨と雷の来襲です。

また後日、ホタルに会いに行く事を心に誓い、折り返しの船で、即、宇品に引き返しました。

きっと、今日はホタルにあうべきではない日だったのでしょう。

それにしても船上からの雷はなんと迫力のある。

くわばらくわばら・・・・って、海上には桑の木はありませ~ん。



  1. 2012/07/07(土) 20:02:47|
  2. 似島日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家庭菜園日記1-ちびまるらっきょ

毎日毎日よく雨が降ります。そろそろお日さまが恋しい頃です。

さて。先日、庭の『らっきょ』を収穫しました。プランター栽培です。

数年前、買って来たラッキョウをふと思い立って植えたものの子孫です。

花が咲いたら、線香花火みたいで可愛いんですよ。

が。このらっきょ、なんかまるい・・・・しかもこんまい。らっきょに見えん。

IMG_0848らっきょ

10玉は来年用に土に植えなおし、

残りのたった30玉を、早速らっきょ漬けにしました 。

きっと美味しいはずです。(去年のは美味しかった)。
  1. 2012/07/05(木) 20:42:42|
  2. 家庭菜園日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちはやちゃん日記 1

我が家の末っ子、ちはやちゃんは、今年3月に生まれた女の子。

女の子なのにひげがあります。

お友達のお家で生まれた赤ちゃんをいただきました。

3ヶ月なのに、もう大人のレディ。(らしい)。


くださった先のパパさんは『娘を嫁に出すようだ』。

いただいた先のうちのパパさんは『娘ができた』。

パパさんたちがめろめろなのには訳がある。とってもかわゆいのである。

名前はアニメ『ちはやふる』の主人公からいただきました。



二人とも同じように可愛くて元気な女の子です。

カメラを構えると隠れるのでいい写真がまだありません。別嬪さんの写真はまぁそのうちに。

IMG_0801ちはやちゃん

先日、えさ(ペレット状)をあまり食べず、水も飲まずの一日がありました。

代わりにえさ入れをカリカリカリカリとかじり続け・・・「なんか病気??」不安がよぎります。


ふとえさを触ると、梅雨続きの湿気のせい?それともおしっこのせい?湿ってやわらかくなっています。

えさを取り替えた瞬間にえさ入れをかじるのをやめ、えさを平らげ水を飲み始めました。

 ☆わかったこと
  
  ①やわらかいえさは嫌い。固い方が好き。
  ②ペレットはのどがかわくらしい。

病気でなくて何よりでした。めでたしめでたし。






  1. 2012/07/01(日) 22:11:40|
  2. ちはやちゃん日記(モルモット)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0