KIMG196表紙4

お昼寝

                                3・31

春の昼下がり。日向ぼっこしながら お昼寝、気持ちいい…

ひっくるめて、「とかげ」って呼んでますが、

正確にはとかげ?かなへび?どっちでしょ?

ま、どっちでもいっか。気持ちよさそうだから。
IMG_2112昼寝
右手がグルンとひっくり返って、掌が上向いてるのが、

何とも言えないくつろぎ感を醸してますね。

目も 心なしか、半分閉じてませんか。

昨日、実家にて、激写。

スポンサーサイト
  1. 2013/03/31(日) 07:48:39|
  2. 自然観察日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スズメのお仕事

                                 3・31

昨日、春霞の中、お花見しました。ほんとに「見」て、写真を撮りました。

あら。きれい。
IMG_2114さくらももこ

ふと見れば、満開の桜が、、、散ってます。

普通、桜が散る、といえば、日本人の脳裏に浮かぶのは こんな風情、ですよね??
花吹雪

ところがどっこい。花ごと散ってますよぉ。
IMG_2115さくらちる


この一枚に、犯人ならぬ 犯鳥が写ってますよ。春はお花も鳥も、忙しいですね。
IMG_2113はんちょう
花の蜜を食べてるんでしょうか。「桜花蜜」かな。おいしいところを頂いたら、お花はい~~らない。

雀さんの不用品を拾って帰って、もいちどお花見しました。
IMG_2127 スズメの落とし物

  1. 2013/03/31(日) 06:42:43|
  2. 自然観察日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もしかして「市営高層住宅 家賃0円 エレベーター無し」物件?

                               3月30日(土)

つい2週間ほど前でしょうか、広島大学跡地の東千田公園入口にあるフェニックスの木のコモが外されたのは。

ヤシの木の仲間だそうで、寒い冬の間は霜にやられないように わらのコモがまかれておりました。

      * * * * * * * * * * * * * * * *
フェニックスと言えば、日本語では「不死鳥」「火の鳥」とも言われ、
火の中に飛び込んで生まれ変わると言われる伝説の鳥。
手塚治虫さんの「火の鳥」を思い出される方も多いかと思いますが、
もともとはヨーロッパの伝承の生き物のようです。

火の中で再生する不死鳥・フェニックスのイメージを 原爆の火から生き返って再生する広島のイメージと重ね、

火の中で再生するフェニックス(不死鳥)⇒⇒植物のフェニックス、と、連想していき、

この植物が 広島大学のシンボルの植物になったそうです。

広大自体は、一部の学部を除いて20年ほど前に 広島市から東広島市に移転したのですが、

中区のキャンパスが東千田公園として使われており、本日の話題は、正門跡に残された フェニックスの木



春になると、多くの生き物が、命をつなぐ営みを始めます。

スズメもそのうちの一つ。

古めの木造のお家だと、屋根の下の隙間や、樋など、雨風しのげる 
スズメにとっての子育て快適空間がたくさんありましたが、

今ではビルが増えまくり、また 新しい木造のお家は昔とは工法が変わっている様子、
スズメさんは 困っています。

そこで目を付けたのか、はたまた 最近になって私が気づいただけなのか??そこら辺は定かではありませんが、

この季節、スズメさんがフェニックスの木に集まってきてます。


フェニックス
去年もこの時期に、ここでスズメをたくさん見ました。

有利な「お部屋」を巡っての攻防戦なのか??

但し、これは 電車の車窓からの観察です。

果たして営巣、子育てするのか。電車を降りて近くに行ってみてみなくっちゃいけません。

もしもここがスズメのお宿ならば、

「市営高層住宅 家賃0円 エレベーター無し」物件ですね!?

公園は広島市の敷地だから市営。

引き続き、優良物件についてリサーチします。乞うご期待。
  1. 2013/03/30(土) 08:03:31|
  2. 自然観察日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

懐かしい名前

                                        2013・3・29

数日前。G・メカ沢さんは、ことのほか活字が小さい新聞のページを見ていました。

♪な~~つかしいその人の名は~ 先生。先生。それはせんせ~~い♪

・・・と、変な替え歌歌いながら、先生たちの異動の記事です。

新聞によって、前任校・新任校・先生の名前の書き方が異なっており・・・
新聞の名前
地元紙の中国新聞では、左側のように整然と並んでいるのですが、

実家でとっていた某全国紙は、左のようにごちゃっと書いてあってわかりにくかったです。
(狭いスペースにたくさん載せられる利点アリ)
今でもそうなのかな??


どっちにして文字が小さいのには違いないです。

ルーペ片手に(?)年に一度公立学校のせんせの異動の名前をチェックします。

もうお付き合いはないですが、

自分が教えてもらった先生がこーちょーせんせになってたり、退職(たぶんお年頃的に定年)されてたり。

子どもの担任が転勤されたなぁ、と、チェックしたり。


もうすっかり忘れていた同級生の名前を、見つけた時には、

一気に高校時代の記憶がよみがえってきました。

当時、ずっと小学校のせんせになるんだと言っていた彼が、

今まで毎年、新聞見てたのに、まったく気が付きませんでしたが、初志貫徹で、ほんとにせんせになってました。

「メカ沢」ほどじゃあないけど、珍しい名字だから、同姓同名はあり得ないです

よかったね。おめでと。(いまさらですが)

おおかたの男子は、名前が変わらないけど、女子は結構名前が変わってるもんなぁ…

「夫婦別姓」には賛否両論あるでしょうが、

新聞に名前が載っても、旧姓しか知らない人には気づいてもらえんことは確かです。




  1. 2013/03/29(金) 06:37:07|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

モルモットにされてます…

                                    2013・3・28記

こんにちは。ちはやです。

ここの所 ちょっと寒かったですが、今日も私は元気ですよー。

お誕生日の日に申し上げましたが、近ごろ、にはまってます。のおいしさに目覚めました。

うちのおかーさんもが好きらしいです。

私がこのお家に来る前からずっと、よく見かける道端の草の名前くらいは全部わかるようになりたい、とか

いざっちゅうときにはを食べて生き抜いてやる!と気勢を上げ

特に食べられる草研究に余念がありません。

近頃は、おかーさんたちが食べられるだけじゃなくって

あたしの食べられるの研究まで始めたみたい。

おかーさんたちニンゲンが食べるに関しては、

いっぱ~~いいっぱ~~~い本があるんだって。お家にも2・3冊はあるみたい。

綺麗な写真が載ってて、解説もたくさんあるみたい。

中には毒のある草と似てて紛らわしい食べられる草の見分け方が載ってる本もあるみたいよ。


最近、わたし、がおいしいことに気づいちゃったでしょ、

だからおかーさん、張り切っちゃっててさー。

この間、お彼岸の時かな。おかーさん、実家に行ったんよ。

そうしたらね、実家の庭がボーボーだったらしくって。

しかも生えているが、わたしの好きな――イエ、好きだった、というのが正しいわねーーホトケノザだったの。

レジ袋・・・・あれはLサイズだと思うけど・・・いっぱいに、ホトケノザを摘んで帰ってくれました。

お留守番してたらね、おかーさんが帰ってきて、お玄関が開く音がして、お部屋の建具のあく音がして、

レジ袋のガサガサする音がして、おかーさんの声がしたの。

「ちーー。ただいまーーー。お土産よ―――」

   そうそう、話は外れますが、「ちはや」って名前、発音が大変だからって、

   最近は「ちー」「ちーちゃん」「ちーすけ」と呼ばれることが多いんです。

そしてね。てんこ盛りのホトケノザをくれたんだ。おいしかったです。

パクパクいただきました。もりもりいただきました。一心不乱にいただきました。

おいしかったんです。途中までは---。

だって、ものには限度ってものがあるでしょ、あんなにたくさんあったら、食べきる以前に飽きますよ――

もうホトケノザは来年まで、いいです。

あたしがあんまりにもホトケノザを食べないから、レジ袋の余ったホトケノザはたい肥にでもするか――だって。


さて。うちのお庭には、件のホトケノザのほかに、

ハコベやタネツケ花が生えてます。こちらは、すでにいただいてます。

その他、近ごろは オランダミミナグサとか、イヌノフグリとか、ヒメオドリコソウなんかが生えてきたみたい。

「インターネットって便利ょねぇ」が口癖のオカーサン。

「もし万一、食べちゃダメだったらいけんもんね」とつぶやきながら、

―――ねぎの仲間とか、ヒトは食べられても モルモットにはNGのものもあります―――

先輩モルモットさんが食べた記録を検索してくれていますが、

探し方が悪いんかな、わからないことも多いんです。

そしたらね。例えば、ヒメオドリコソウを調べてみて、シソ科ってわかるでしょ。

そしたら、最初は一本・・次は二本…ってぐあいに、あたしの食卓に上ってくるのよ。

「おなか、こわしてないね。元気じゃね。じゃ、OK」だってさ。

こ・これって・・・・

オカーサン。わたしをモルモットにしてません??

変なもん食べさせられんか、気を付けときます。

かべから
ちなみに壁の隙間から生えているのが、ホトケノザ。文字通り、すんごい雑草魂、ですね。 

















  1. 2013/03/28(木) 06:01:42|
  2. ちはやちゃん日記(モルモット)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ふんじゃった

                                 2013・3・27


ウイルスって、風邪ひきましたか

菌よりちっこいから抗生剤(抗生物質)は効きません――抗生剤は菌にしか効きませんよ―――

風邪には 鼻水止め 熱さましなどの対症療法のお薬しかありませんよ―― 寝るっきゃないのよ―――

……の、ウイルスではなくって。

きのーの夜、おにーちゃんが「すかいぷ」でお友達とやりとりをしていた折、

添付されてた画像を開いたら、ども、やあばいファイルだったようでした。

いつもなら慎重に開くおにーちゃんですが、

ちょうどタイミング的にそのお友達とファイルをやり取りしている最中だったからガードが甘かったらしく。

お友達も、知らないうちにご病気にかかって、知らないうちにうつしちゃったみたいで、

おにーちゃんも、知らないうちにうつされ 他の人にうつしちゃったみたいで。(勝手に自動送信されたらしい)

コンピュータに詳しい友達に習って、やあばいファイルを削除して、

削除方法を うつしちゃったかもしれない相手にも送信して。

一連の作業を済ませたら、夜中の2時過ぎだったようです。

最後まで、責任を果たしてから寝たので、褒めて遣わす。

アナログマスター(?)のオカーサンの手には負えまっせん。オトーサンにも。

……がんばったから、今日は、補習授業で寝てるかもしれませんけどね(笑)

とあるお友達は、パソコンが煙を吹いたとか、吹かなかったとか…??

や。買ったばかりのパソコンがおじゃんになるところだった。くわばらくわばら。


すかいぷの画面を見してもろたら、セーラー服の女の子の頭をなでなでしてる絵と、なでなで、という文字と、

「あなたはこの絵でクレージーに見える」という文が、書かれてました。

ごめんなさい。この絵はあんまり似てないです。
 くれーじー
この絵を踏んでしまって、おかしいことになったらしいです。

で、なんだかよくわからないファイルが、「隠しファイル」って所に入り込んでました。

しっかし、なんでそんなことするんか、意味が分かりません。楽しんでしょか?ひまなんでしょか?


なにはともあれ、花粉にウイルス、その他もろもろ、ご用心。
  1. 2013/03/27(水) 14:25:47|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

廃線跡

                               3・26(火)

今日は、「三寒四くそ暑い」の、寒いほうのようです。風が寒いですが、みなさん、風邪、ひかれてませんかぁ。

さて。某そGOデパートのマネキンネタの後日譚です。

今朝がた、ショーウインドウの前を通ったら、マネキンさんが・・・・

靴はいてました

昨日の朝ははいてなかったのに。

寒いもんね。履かせてもらってよかったね。

こんどは、靴ずれしないように、ピッタシ履かせてもらえて、よかったね。


   閑話休題。                  
おとつい 日曜日。

郷土資料館からの帰り道、お散歩しながら帰りました。(単純に、通り道なだけですが)

呑気に歩けば、いろいろ発見があったりします。

・・・ということで(どーゆーこと?)、鉄道廃線跡のレポートです。

IMG_2067廃線跡
右の生け垣は、スーパー銭湯。土手が見えてきました。

この土手を、以前国鉄が走ってました。国鉄宇品線。

広島駅と宇品の港を結ぶ鉄道線。最終的に1986年に、完全に廃線になりました。

91年に南区民になったときには、廃線跡の草むらががず~~~~っと続いてましたが、

大半は道路になったりして、残ってる跡地はあとわずかです。

この土手の向こうに、警察署など県の施設が見えますが、昔(昭和30年代まで)は海の中だったらしいです。

土手に上がる階段、古い枕木を利用して階段が設えられてるようです。

この三叉路を右に折れると、いかにも、廃線跡。お風呂屋さんの真ん前あたりです。
IMG_2068廃線跡

枕木が半分埋もれてます。
IMG_2072廃線跡
よもぎがおいしそう。でも、お犬様のお散歩コースなので、ちょっと遠慮しておきたいですね。

砂利が埋まってますが、以前、土地の古老に伺った話を思い出しました。

枕木の下に敷くバラスは、ふつう、砕いた石を使いますが、

宇品線では、初期には、「丸い」石を使ってた、とか。

古老が子供の頃、お父さんまたはおじいちゃん どちらかに聞いたそうです。
(どっちだったか、聞いたけど、忘れました。)

ここを歩くときに、玉砂利を見つけたら、いつもその話を思い出します。

IMG_2071わらび
つくしんぼ、ないかなぁ…と思ってきょろきょろしてたら、わらび発見です。

時期的にやや早い気がしますが、ここは日当たりがいいから。

お犬さまのお散歩コースでなければ、摘んで帰るのになぁ。

土手に上がってみました。

(先ほどの枕木の柵は、バックミラーの位置のかなり手前です。)

近頃、跡地を利用して、グランドゴルフ場や、地域の方に解放される菜園ができてきているので、

「廃線跡」感がめっきり少なくなりました。新しく真砂土が入れられてます。
IMG_2073廃線跡

昔の駅のあたりに、案内板ができてました。
IMG_2075廃線跡

あと2-3か月したら、地域の方が植えられた、タチアオイの花が盛りを迎えます。

咲いたらまたご紹介します。
 お散歩コース
続きを読む
  1. 2013/03/26(火) 12:15:09|
  2. テツコの部屋(ちょい鉄です)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

牡蠣は石の花

                            2013・3・25

この桜の綺麗なレンガの建物は、「広島市郷土資料館」です。 
IMG_2066 しだれ桜
広島の港(宇品港)が、兵隊さんを送り出す港だったので、軍関連の施設が 結構あちこちにあり、

ここは確か陸軍糧秣支廠、という大仰な名前で、缶詰の工場だったと記憶しております。

今は「郷土資料館」として、地元の昔からの産業にまつわる道具や資料を集めた小さな博物館になってます。

「干潟の恵みーカキとノリの物語―」という企画展が昨日まででしたので、大慌てで出かけてきました。

学芸員さんの解説をばっちり聞くことができました。
IMG_1907 higatanomegumi

他の海岸沿いのまちと同じく、広島も浅瀬を埋め立てて広がってきた街。

江戸時代には、埋め立てがグーーーンと広がったものの、沖合には干潟が残っていて、

漁やカキ・ノリの養殖が盛んにおこなわれていました。

うちの裏山IMG_0568 裏山も、江戸初期までは島で、

つい50年前まで――工場ができるまで――は海沿いの漁村で、カキ・ノリの大きな産地だったそうです。


広島湾では、カキは今でも有名ですが、ノリは、もうほとんど作られていません。


ノリは胞子、カキは卵から孵った幼生が、プランクトンとして海に漂っている時に、

浅瀬に「ヒビ」(イメージとしては竹ぼうきの穂の部分)を立てて くっつかせて、

それを大事に大きく育てていった、というのが 従来のやり方のようですが、

昔の養殖方法―――昭和20~30年代まで―――は、本当に、人海戦術だったんですね。

百人もの大勢の人が浅瀬での養殖作業にあたっておられるようすが、

一枚の写真に写りこんでおり、その前で足が止まってしまいました。

機械化される前は、本当に、大変だったんですね。



写真や古い道具のほか、古い資料(古文書)や図画(掛け軸)なども展示してありましたが、

ある古文書に見慣れない文字を見つけました。

「石」篇に「花」、と書いてどう読むでしょう。「石花」です。

諸橋轍次の大漢和(⇇日本一の漢和辞典)にも載ってませんでした!

ナ、ナント!!「かき」と読ますようです。

もしかしたら、単に勘違い、教養がなかったのかもしれません。私も「牡蠣」って、書けませんもん。 

でもね。

牡蠣は石の花。

この文字を書かれた方のセンス、大好きです。
  1. 2013/03/25(月) 14:17:37|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

G・メカ沢さんのゆかいな仲間とリップクリームの使い方

                                3・24記


♪はるがきた~はるがきた~どこに来た~~~鼻に来た~お目めに来た~くしゃみでた~~♪

春の訪れを鼻や目の粘膜で感じるうちのおとーさんが、どこからか「目の細かい」マスクを買って帰りました。

ためしに私もつけてみました…。

  ↓マスクを横から見た図。↓
ますくのひも
長い一本のゴムひもが マスクの両端から、ぐるりっとついています。

さて、どうやってつける??初心者には難しい…

説明書を見ながら ゴムひもの当て方を研究し、うまく装着できて鏡を見ると・・・・

おもしろい顔!

大爆笑です。

おとーさん曰く「横から見たら犬じゃね」

「わん わん」

わたしにはカッパが鏡の中に見えました。JRイコカカードのカモノハシにも似てるな。
くちばし仲間
犬だかカッパだか人だか定かではありませんが、何はともあれ、マスクの効果は抜群。

外出しても鼻が一切むずむずしませんでした。あっぱれです。

エコな我が家では きれいに洗って陰干し。繰り返して使います。←意味ない?



さてさてさて。

三寒四クソ暑い、の方とは別の上司に教えていただいた、とっておきの情報です。

その人も3~4年前まではひどい花粉症だったらしいですが、今では何ともないそうです。

どんな方法で花粉症を治したのか、教えていただきました。


①花粉をとにかく体に入れないようにしたそうな。

マスクは言わずもがなですが、

「リップクリーム」を、目の周りや鼻の周り、中にも塗って花粉が粘膜に付着しないように気を付けたそうです。

ワセリンなんかでもいいかもしれませんね。

但し 色付きリップクリームは止しましょうね♡

②規則正しい生活を送る。食べ過ぎに注意する。

 社員食堂は、ご飯などお替り自由なので、一杯でおしまいにする。

③お風呂でよっくあったまった後、冷水をかぶる。
 
 いきなり冬に始めると風邪をひくから、夏から始めるとよい。


「どれが効いたんかわしもよーわからんけど、気がつたら点鼻薬もなんも要らんようになっとったんよ。

 体質が変わったんかねぇ。今年は全然、何ともないんよ。メカ沢ちゃんもやってみんさい」だって。

そこへ通りかかった某先輩、

「おまぇ~ 年取って 免疫が下がったけぇ、花粉に反応せんようになっただけじゃろぉがぁ」

「そうかも知れませんねぇ」だって。

今日も和やかに会話が弾む、詰所での一コマでした。

  1. 2013/03/24(日) 10:58:22|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素足の季節

                                      3・24記

天気予報を見ていたら、日本列島の「肩から上」の方のまちには、雪だるまのマークが。

日本は、長いですね‼ 

日本列島の「足の付け根」あたり?に位置するウチの地域は、

日中とても暑い日もあれば、ぶるっとする日もあり、気温の差が激しいです。

ちょっと冷え込んだ朝に「三寒四温ですね。今朝は寒いですね。」と言ったら、

上司に厳重注意を受けました。

「メカ沢ちゃん。それは違うよ。ちかごろはね、三寒四クソ暑い、ゆーんよ(言うのだよ)」

まさしくそのとーり。以後、気を付けます(笑)。

皆様、気温差に負けないよう、お過ごしください。

さて。その「クソ暑い」に対応したのか、はたまた、昨日のワタクシの駄ブログが功を奏したのか(まさか)、

或いは単に、入れ替え時期だっただけなのか。きのう、「そGO」デパートの前を通りかかったら、な、なんと。

マネキンさんは衣替えを済ませ、ぐんと薄手の春らしい洋服。

そして、足もとは 素足!
とうとうはだし
ちょっと寒そうですが、しもやけの心配はもうありませんね。靴ずれの心配も!
  1. 2013/03/24(日) 07:00:19|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ぶっかぶか。

                                 3・23記

結局、ぼた餅は作らずじまいでお彼岸も過ぎました。

暑さ寒さも・・といいますが、まだまだ寒い日もありまして、

春の訪れは デパートのショーウインドウの方が一足お先のようでございます。

「そGO」の前をーー先立つものに恵まれず、前を通るだけなのだーーをよく通ります。

時折、おにーさんやおねーさんが 中のディスプレーを交換されておられるのを見かけますが、

次はなんじゃろ??と、ひそかに楽しみにしております。

夏には夏の、秋には秋の、冬には冬の、そして春には春の、

それぞれの季節を少しだけ先取りした素敵なディスプレーです。



数日前に通りかかったら、 マネキンさんが春らしい衣を身に纏っていらっしゃいました。

「綺麗ねぇ」「春らしゅうになったねぇ」「今年はこんなんが流行るんかねぇ」「素敵じゃねぇ」

……とか何とか、連れとごちゃごちゃ言いながら、見て通ります。が!!

『すみませんねぇ。細かいことが気になるたちでして。』(「相棒」水谷豊さん演じる杉下右京さん風に発音してください)

一点だけ、ただの一点だけ、どうしても気になることがあるのです。

・・・・・

クツがぶっかぶか!
ぶっかぶか
靴擦れができそうで、見ていて痛そう。長く歩けなさそう。

…で、ついつい気の毒な気がしてしまいます。

もしも、デパートのマネキン担当の方がご覧になってましたら、

どうぞ、靴の先の方に詰め物をして、もちょっとだけでいいので、靴をぴったり履かせてあげてください。

もしかしたら、夜な夜な、シャッターが閉まった後で、マネキンさんたちがお散歩してるかもしれませんよ、

映画・ナイトミュージアムのように!! 「ナイトデパート」??

そして、翌朝行って見たら、足を痛めたマネキンレディのために

ジェントルマンのマネキン男子がバンソコが貼ってあげてたりして。
ばんそこ。
  1. 2013/03/23(土) 08:05:17|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おばちゃんたち

                                 2013・3・22記

昨日、グレートメカ沢さんは実家近くにあるお墓参りに行き、いろいろな出会いがありましたとさ。
無題ツバメがとんだ
ツバメ。お店の軒先からさっと飛び出してきました。
 愛の巣を作っているところでしょうか。
 桜も咲き始めましたが、ツバメの姿を見ると、グッと春の力が強くなってきた気がします。

お月さん。白い月が昼の空に。 

お花たち。桜はまだつぼみがほとんどですが、沈丁花やモクレンや水仙や。百花繚乱も間もなく。

おばちゃんたち。
 幼馴染や同級生のお母さん、親戚のおばちゃんたちです。

子どものころは特になーーんも思いませんでしたが、今にして振り返れば、

自分は 親以外のいろんな大人に育てて頂いたんだなぁ、とひしと感じます。

本当のお母さんではないけど、ある意味で、お母さん的な大人がたくさんいました。

もちろん、おじちゃんたちにも育てて頂いたので、お父さんもたくさんいます。パパじゃないですよ―念のため!

その他、知ってる大人以外にも、

名前も知らないよそのおばちゃんちにあげて頂いて お人形を見せてもらったりおやつを頂いたこともあったし、

隣のマンションの管理人のおじちゃんと遊んでもらったりとか。

二・三本先の路地のお家のおじちゃんは「脚を見せちゃる」と、よく、見せてくれました。
 杖で叩くと≪こんこん≫と音がするのです。
 子どもだからびっくりするんです。不思議でした。今思えば、兵隊さんだったのかな。


もちろん、わるさが過ぎて 怒られたこともたくさんありますけどね。


煩わしいといえば煩わしいかもしれませんが。

子ども同士の関係を「ヨコの関係」と言い、子どもと親の関係を「タテの関係」と呼ぶのに対し、

よそのおじちゃんおばちゃんとの関係は「ナナメの関係」というんだそうです。

いまは、なかなか、子どもに そんな関係になれる大人を、見つけてやることもできないし、

本人が見つけることもできなかった、と思います。

また、自分がよその子供にとって、そんな存在になってやっているケースも少ないです。

(かろうじて、子ども会の中での関係は、そんな感じでした)


子どもたちが、友達の親を呼ぶときに、

「メカ沢君のおばちゃん」とは言わず「メカ沢君のお母さん」と、最近は言います。

親がそう呼ばしていると思います。

お母さんになってるにもかかわらず、

「おばちゃん」という言葉の響きが、老け込んだように感じるから、でしょうか。

「老い」「加齢」…こういうことに関しての嫌悪感が昔より増している気がします。

こんなふうに言いだしたころから、日本が変わってきていたのかもしれません。

日本が変わったから、こんなふうに言い出したのかもしれません。

時代の流れよ、といえば、それまでですが。

そして、えらそーなことを書きながら、

長いものには巻かれたい。出る杭になって打たれたくない。空気読みたい。な自分も、

子どもには友達のお母さんを「フレディ君のお母さん」と呼ばせていました(>_<) あらま。



(※注釈:フレディとは、まい ふぇぼらいと まんが こみっくの「クロマティ高校」の登場人物のひとり。)

 


  1. 2013/03/22(金) 07:26:57|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サクラサク!はなみ~ず宣言。

                             2013・3・21記

♪は~~るのぉ~~うらぁらぁのー 太田川~~


一昨日、19日朝。

テレビでは「東京は桜がもういっぱい咲いてますよー!」のニュース映像が流れています。

「東京は広島よりもだいぶん北にあったような気がしたけど、都会はぬっくいんじゃね。こっちはまだまだじゃ」

電車の車窓から見る川っぷちの桜並木のこずえも、まだ ただの枝に見えます。

「桜は、もちぃと先じゃね」



ところがどっこい。たった一日しか経っていない昨日、20日朝には、

ちょっとおませな桜の木の 幾輪かの花がほころんでおりました。

だから、桜の開花をここに宣言します。の発表が出たのかなぁ~~と思ったら、

『標本木』というのがあるので、基準となる「その」木の花が5輪咲かないと、開花宣言になりませんって。

昔のお殿様のお庭(大名庭園)・縮景園に、標準木があるそうです。


車窓からの桜並木のこずえはを見ながら、ある教科書のお話を思い出しました。

作者も題も忘れたのですが、確か中1の国語で習ったお話です。

「染物が大好きな筆者。桜の草木染をするには、開花間際の枝を使うのが一番いい。

なぜならこれから咲かんとする桜は、その力を枝先いっぱいに溜めているから。

今から咲かんとする皆さんも、力を溜めていますよ」…という感じのあらすじだったでしょうか???

記憶は変容するものなので、自信はありませんが、ビブリア古書店の店長さんに聞いたら、すぐわかるかなぁ?

あの時から、咲く寸前の桜の枝が どうも赤みを帯びて見えて仕方ないのですが、

もしかしたら、昨日は雨が降ったからかもしれません。

中学の時には、あまりピンとこないお話でしたが、だいぶおっきくなってから

作者さんの言わんとするところがよくわかるようになりました。

ぁああ~。誰の何という題のお話だったか。

やっぱり、ビブリア古書店に行ってみよ。(⇇架空の世界と現実世界、混同中)


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

もっちょっとたくさん桜が咲いたら…お花見。いいですねぇ。

花の下にござをひいて、おべんと食べながら、プハァ―と一杯やりながら の~んびり。

こういうのを《花より団子》と、世間では言うのでありましょうが、

もうここ数年、花見で一杯、なんてのはご無沙汰でございます。

桜並木の下をお散歩して、「ああ きれい」と、桜を愛でるお花見の年もあれば、

自転車で通勤途中・または電車の車窓から遠目に見るだけの「お花見」の年もあったりします。

今年はどの「お花見」になりますやら。



花粉症のひどい方は、ちょうどシーズン的に重なるので、できれば外出は控えたい…ということで、

お花見ができない。『鼻水』で、『花見ず』。

おとーさんが、この「はなみーず」です。

花粉症の特効薬でもできませんか。そしたら一緒に花見(より団子、の方も)が楽しめるのになぁ。


花見を楽しむ人は、『花見~ズ』でっす。

今年も、お花見を楽しむことを宣言します。花見~ズ宣言!

IMG_0568 裏山
                          うちの裏山。去年の写真。
  1. 2013/03/21(木) 05:55:15|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

悩んじゃうなぁ・・・

                                  2013・3・20

昨日はちょうど一か月前だったんですね。4月19日から5月12日まで開かれる《ひろしま菓子博》の。 
IMG_2060かしはくぱんふ
せっかく近場で行われる行事なので、是非に行ってみょう…と思ったけれど、先立つものが必要です。

当日券が2000円で、前売り券の今販売されているものは1800円。

あ~あ。早期の前売り券は確か1000円くらいだったでしょうか?買っとけばよかったです。。。

「ペア入場券プレゼント」の新聞社の懸賞に応募しました。

「発送をもって発表にかえさせていただきます」ですが、なしのつぶて。たぶん当たってないなぁ。

今のうちに買っとくか、前売り…と思っていたら。

土・日・祝日は、開場時間2時間延長して8時まで、5時以降の入場料は、当日券の半額となりますよ、と、

昨日の中国新聞の一面にありました。。おおっ。

ぎりぎりまで、迷いそうです。前売りを買うか、遅い時間から入場するか。

ケーキ屋さんのショーウインドウの前と同じくらい、悩んじゃうなぁ・・・



そうそう。ずいぶん前から、菓子博のラッピングをした電車が走ってて、

メインキャラクターかしなりくんとスイーツ姫のほか、

大福餅やら かすてーら、団子、柏餅、などなども、擬人化したキャラになって、描かれていました。

友達と、「あれはなんじゃろ…大福?」と、当てっこして遊んでましたが、

それぞれのキャラに名前があったとは。

うちのおはぎちゃんとおはげちゃんも、仲間に入れてもらえないでしょうか??

さて。今日はお彼岸。お墓参りに行かなくっちゃ。

春だから≪ぼた餅≫作りたいな。、≪おはぎ≫でなくって。

続きを読む
  1. 2013/03/20(水) 07:42:30|
  2. お出かけの記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あしたで一歳です。

                                  3月19日


お久しぶりです。ちはやです。

あした、3月20日は私のお誕生日です。うお座です。血液型はわかりません。

もうちょっとで、1歳です。体重は、828グラム。大きくなったでしょ。おかーさんの体重は、ヒ・ミ・ツ。

いくら優しいおかーさんでも、これをばらしたら、おやつをもらえなくなっちゃうかもしれないもんね。

冬は寒かったけど、風邪もひかず、おなかも壊さず、元気でした。
IMG_2040 だれが野菜嫌いなの

あんなに食べられなかった≪生の草≫ですが、もう大丈夫です。食べられます。

思えば、おかーさんがお庭のシソを干したものを食べさせてくれたことが、好き嫌い克服のカギとなりました。

カラカラ干しのシソから始まり⇒半生干しの人参の茎⇒生の草、の順に克服したわけです。

今は、お庭の「ハコベ」や「ホトケノザ」を、おかーさんがとってきてくれるのを心待ちにしているんですよ。

写真に写っているのは、お庭の人参の葉っぱです。

根っこはマジックペンぐらいの太さ(=細さ、ともいう)で、おかーさんたちが食べたんだって。 


こないだは、採ってきてくれたハコベに、ちっこいナメクジがついてたの。

啓蟄を過ぎたら、みんな、動きはじめるもんね。ナメクジさんも、卵からかえったんだわ。

わたし、知らん顔してナメクジさんだけ残しておいたの。

そしたら、おかーさん、「うわぁ。上手に、ナメクジをよけて食べたんだね」って。

うわぁ。上手だったんだ。褒めてもらっちゃった。うれしいなぁ。


たくさんのお友達が好きなキャベツやイチゴ、サツマイモ、レタス。私はあんまり好きじゃないので、

折角おかーさんがくれても、知らん顔してしまいます。ごめんね。でも、私、味の好みが狭いのかなぁ。

お庭で採れた草や野菜でも、タネツケ花(ナタネ科)は、あんまり好きくないな。

水菜も大根の葉っぱもちょっとだけで、いいや。春菊は、おいしかったわ。

今度タンポポを探してくるってかーさん言ってたけど、おいしいといいな。

イヌノフグリが大きくなってきてるけど、食べられるか、調べてくれるんだって。おいしいといいな。


近頃はね、お玄関のドアが開いて、お部屋のガラスの建具が開く音がしたらね、

おかーさんが、もしかしてはっぱを採ってきてくれたんじゃないかと思って、

おかーさんをお出迎えするんだけど、だいたいが空振りなの。

残念だけど、「ごめんね~。今、葉っぱはないんよー」と言って、なぜなぜしてくれます。


あんまり広いお庭ではないので、おかーさんはよくぼやいています、

「あなたの食べるスピードに、草の成長が追い付かんのんよ」って。

買ってきてもらった干し草チモシーや固形のご飯のモットもいいけど、生草は美味しいんだもの、仕方ないじゃん。

でも、ぼやきながら、おかーさん、ちょっとうれしそう。

私が、生の葉っぱを食べられるようになったから、かな??

これからも私、葉っぱたくさん食べちゃうよ。おかーさん、よろしくね。

                             
《おかーさんより》
ちはやさんへ

あなたが家に来てから、9ヶ月経ちました。

このちっこい体で、この力強さ。存在感。

あなたが一人増えただけで、家の中の空気が、ぐっと変わりました。

うちに来てくれたのも、何か、ご縁があったのでしょうね。

最近、おにーちゃんも、時々、あなたの顔を見てくれるようになったね。

「うちのちはやはよそのモルモットよりかわいい。平沢唯ちゃんほどじゃないけど」とか何とか言いながら。

しっかり兄バカしてます、ね。

これからも、ずっと元気で長生きしてくださいね。

おいしい葉っぱを、頑張って育てますから、楽しみにね。

草を育てとるんか野菜を育てとるんかわからんようになってでも!

あなたの名前の由来はね、「ちはやふる」というアニメの主人公、ちはやちゃんからとって

おにーちゃんが付けてくれました。

アニメの方は、百人一首が好きなちはやちゃんが、仲間を集めてかるた部を作り、かるたに打ち込むお話ですが、

あなたが 主人公同様、元気で、よかったです。

だからか知らないけれど、最近、ハコベなどを摘むときに、

「きみがため~~春の野にいでて 若菜摘む~ わがぁ ころもでに ゆきはふりつつぅ~~」という

百人一首の歌が頭の中をぐるぐる回ってしまいます。

白い雪のかわりに黄色い花粉や黄砂が降ってますけどね。

何はともあれ…おたんじょうびおめでとう! 続きを読む
  1. 2013/03/19(火) 07:00:54|
  2. ちはやちゃん日記(モルモット)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

第一回 広島みなとフェスタに行ってきました

                                2013.3.18(月)記

春の嵐が吹荒れておりますが、みな様お住いのまちではいかがでしょうか。

窓を閉めているのに、家の中の建具が揺れるのはなぜでしょうか??不思議ですねぇ。

少し表に出ただけで、ビニル傘が死亡しました。あ~あ。今日はお休みなので引きこもってます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
さてさて。


G・メカ沢さんの潜伏先の南区には、陸の玄関=広島駅=と、海の玄関=広島港=があり、

広島の表玄関にあたるところ。

陸の玄関は、九州からの新幹線も新しく開通したり、再開発で着々と様子が変わりつつあり、結構にぎやかです。

より潜伏先に近い、海の玄関は、港・旅客ターミナルがきれいになってちょうど10年。

普段は、人通りが少なくてちょっぴり寂しい場所ですが、

昨日は 第一回 広島みなとフェスタ で、大賑わいでした。

第一回、ということは、来年もあるのかな??

35,000人の参加者があったと、中国新聞の記事。

もし私が行かなかったならば、参加者は34,999人だったわけです‼

みなと公園や旅客ターミナル、似島の会場での各種イベントや、

元宇品・似島でのウオーキング、またサイクリングなどの行事、スタンプラリーなどもあったり、

広島湾のクルージングがあったり、地域の「おいしいもの」を販売するテントが出ていたり。

G・メカ沢は、昼過ぎまでオシゴトしてましたので、終わり間際の3時ごろに出かけましたから、

ほとんど何も参加できませんでしたが、

メインステージでの、BAMPさんという二人組の方のアニソンライブと、

愛媛県松山市の観光課さんによる野球拳大会を、見ることができました。


アニソンライブのお兄さんとお姉さん。歌がとても上手で、聞いていて気持ちがよかったです。

知ってる曲と知らない曲が、半々くらいでした。

ルフィ(ワンピース)とか、きゅうべえ(まどか☆マギカ)とか、風船でちゃちゃちゃ、っと、作ってられました。

きゅうべえの風船をほしがって殺到するちびっ子たち。お姉さんは、

「きゅうべえ、もらっちゃうと契約させられて、たいへんになるよ」「魔女にさせられるよ」

とたしなめてましたが、

広島でのまどか☆マギカのオン・エアは真夜中のヘンテコな時間なので、誰にもわからず(笑)。

「契約」や「魔女」の意味がわかっている、コスプレをされている方の手に渡った模様。よかったよかった。

マッチョなプリキュアさんや、甲羅(型のリュック)を背負った亀仙人のじっちゃまなど

コスプレの方が多数おられました。



松山の野球拳大会。

野球拳は松山が発祥の地だそうで、伝統芸能!本場では脱ぎません。・・・そうです。

4月6日に、全国大会があるそうです。

振付を習って、会場で野球拳をしました。一回戦ですぐ負けましたが、楽しかったです。

こちらはゆるキャラのとべっち。砥部焼、という、焼き物の有名なところなので、お茶碗(?)を頭にかぶってます。

見せていただいた、野球拳の景品のお皿は、遠目でしたが、品のいい感じの焼きものでした。

IMG_2059 とべっち
海を挟んでお隣の県ですが、知らないことがてんこ盛りです、愛媛県。
















  1. 2013/03/18(月) 11:45:02|
  2. お出かけの記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ワンパターンだから二度笑える仮説」

                                      H25・3・17記

特に用事のない土曜の昼下がりは、ついついテレビの前に居座って見てしまう番組があります。

その名は 『よしもと新喜劇』。

内容はといえば、細部はともかく、大筋はいつも似た感じで、

借金取りに追われたせがれが実家に帰ってくるだの、

結婚を反対されてる若い男女が、親に認めてもらえるように小芝居をしたりだの、

地上げに遭った喫茶店のマスターがどうのこうのだので、ドタバタ劇が繰り広げられます。



水戸黄門と同じく、大いなるワンパターン(笑)


そこがいいんです。ワンパターンだから安心してみていられる→だから人気 なんです。たぶん。

ここで言うぞ~言うぞ~と、予期していたギャグが、必ず 発せられる。

横顔が新幹線さんにしても、横顔がポットさんにしても、ピュ!さんにしても、その人物が現れたなら、

次には可笑しいものが来るぞーと私のゆうしゅーなおつむは予測し、脳内はすでに笑った状態。

そして、予定通り、お約束のギャグが来て、本当に笑う。

実質、二回笑っていることになってませんか??

よし、よし。今度の学会で発表しよう。

「ワンパターンだから二度笑える仮説」。(何の学会??)



最近、個人的に、顔を見るだけで楽しくなるのが「すち子」さん。すっちーさんが女装してるキャラですが、

すっちーじゃなく、すち子さんが わたしの「ツボ」。
IMG_2051 スチ子さん←テレビ見ながら描いてみた。

「すち子さんって、名前聞いただけで笑うてしまう~~」といってると、

「こないだも聞いた。かーさんはワンパターンじゃ」と息子の鋭い指摘。

だって何回見ても面白いんだもーん。だからきっと今日も面白いに違いない。

かくいう君も、辻本茂雄さん演じる茂造さんこと 茂じいにはまってたじゃんか。


閑話休題。


よしもと病、膏肓に入れり??

1~2ヶ月ほど前のまだ寒かったある日。とうとう、よしもとの「ゆばーばさん」に出会ってしまいました。

末成由美さんとおっしゃるんですね、おっきいかつらをかぶっていて、

千と千尋の神隠しの湯婆婆と間違えられる方です。

電車待ちをしていたら、反対側の電停にたたずむ「ゆばーばさん」・・・・

あら、よく見たら。
IMG_2051 ゆばーばさん?

オーバーのフードのふわふわがいい感じにゆばーばな、まったく別の方でした。

「なにごとも慌てちゃいけません。落ち着いて見るよう、おとーさん、びしっと言ってやってくださいな。」

「びし」(MRオクレ)

・・・・・

笑えば免疫が上がり病気も逃げていくとか、笑う門には福来るとか。

大いに腹を抱えて笑いたい方には、毎週土曜日の昼下がり。テレビの前に集合しましょう。

ほな、さいなら。 続きを読む
  1. 2013/03/17(日) 08:22:46|
  2. テレビっ子通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ゆうたいりだつぅ~

                         2013・3・16

「ゆうたいりだつぅ~~」
ゆうたいりだつう
双子のお笑い芸人さんのザ・タッチ君たちの芸で一時期はやりましたが、

先日、朝の忙しいご出勤タ~イムに、筆者は、他人とは思えない後姿を見かけました。

ザ・タッチ君には少し及びませんが、ややふっくらしたフォルム。あまり長くない手足。。。

自転車で追い抜きざまにはっと気づきました。

5年前まで住んでいたアパートのお二階さんだ!!


この奥様が、自分で言うのもなんですが、体型が本当によく似ているのであります。

他人を見ているとは思えない…(※注:ブログ用に、やや誇大な表現をしております)

そして、

♪暮れなずむまちの~光と影の中 愛するあなたに~~ 間違えられたぁ~~ 

…経験を思い出しました。


アパートの集合ポストで夕暮れ時、件の奥様が郵便物を確認されている折。

通りかかったわがおっとっと、(あれ?今日は、予告より早く帰ってきてるんじゃん??)と思いつつ、

満面の笑みで背後から近づき

「おかえり~~~・・・・・」と、声をかけたそうな。

よいよ 近くに来たところで異変に気づき、

どうにかこうにか

「・・・なさい。」と言葉を足したとか足さなかったとか。


当分の間、

「わし、変な人と思われていないかね」「不審者と思われていないかね」と心配しておりました。


後日、奥様には私のほうから申し開きをしておきました(笑)



月日が経つのは早いもので、あの出来事ももう、五年以上は前のこと。光陰矢の如し、ですね。




メカ沢さん、間違えられて、おっとっとを怒らんかったのかって?

心が広いですから(笑)

否、真実は、怒るも何も、幽体離脱したかと思うくらい、ほんまにそっくりなんです。

間違い探しができるくらい!(注:ブログ用に誇大な表現をしております)

さあどっちが
(お詫び:元ご近所の奥様へ。ホントはこんなにちんちくりんじゃありません。ごめんなさい。ブログ用誇大表現でっす)



  1. 2013/03/16(土) 08:09:12|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

節約、節約。

                              平成25年3月15日

三月は去るとは言いますが、三月もあと半分です。

年度末になって、心なしか道路工事が増えたような…そんな気がしている今日この頃です。

チヤリンコ組のわたくしも、遠回りや片側交互通行など余儀なくされ、少々イラッとすることもありますが、

お車の方は小回りがきかず、もっと大変でしょう。時間に余裕をもって出かけましょう。

いつも、ぎりぎり出勤の私が、よぉゆぅよぉ、ですが。


さてさて。こちらは 年度末のためか、定期的な修繕時期なのかは存じませんが、

ある朝、ふと気づけば、街ン中の大きな横断歩道の塗り替えが完了しておりました。

広島市内でもおそらくは10位以内にランクインするであろう(注:この順位はG・メカ沢の勝手な推測です)

人通り・車通りの多い横断歩道です。

昨夜のうちに、作業をされたんですね… 

交通量の多いところでは、夜っぴいてのお仕事にならざるを得ません。

お仕事なすった方、本当にお疲れ様・・・・横断歩道が朝日に輝き、綺麗です・・・・って???アレ?

横断歩道にて。
電車の線路を挟んで片道3車線の道で、道路の半分までで、各々11本・12本と、白いラインがあるのですが。

ンン・・・・??ところどころ、塗れてない!!

こっち側が2本、あっち側が4本、23本中6本。ざっと4分の1。


工事途中で朝になったのかなぁ、と、後日また観察してみたら、やはりそのまんまです。

よくよく観察したら、両方の車線とも、真ん中から数えて1本目と4本目のものが共通して古い塗装のまんまです。

走っていく車のタイヤがあまり通らない場所に位置しているようです。

そうか。わかったぞ!

節約だ!! たった一本のラインでも、たくさん塗ればペンキがたくさん要りますものね。

限りある地球の資源を大切に!!塵も積もれば山となる!
業者さんが単に儲け幅を大きくしたかっただけ??



そういえば、横断歩道。☟

以前は上側の絵のようでしたが、近ごろは、下側のように、「平行線」がありません。(他の自治体ではわかりませんが)

ペンキの無駄を防ぐためと、雨の時の水はけのため、と新聞で読んだ記憶が。

おうだんほどういまむかし
もう、だいぶ前からですが、(平成二ケタに入っていたとは思いますが)

今でも、絵を描くときには、上の、はしご状の絵を描いてしまいます。

三つ子の魂百までも。昭和生まれの G・メカ沢です。

※追記※
「平行線」を廃止するのが決まったときには、町じゅういたるところの横断歩道の工事が始まりました。

一斉に、ガリンコ ガリンコと、「平行線」を削って消す工事です。。

塗り直しの時にすればいいのに~これって却って無駄じゃ~ん、と心の中で突っ込んでました。チャン・チャン。
  1. 2013/03/15(金) 06:10:07|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

根くらべ

                        3・14記

…ダジャレ、言ってますか?
IMG_2036 マスクは
  「マスクはまっすぐにつけーよ」(「マスクはまっすぐにつけなさい」)

IMG_2036めがね
  「めがね、めがねーでよ!」(めぐ、は、こわす意の広島弁。「めがねをこわさないでね」)

IMG_2036 爪を
  「つめ、つめー!」(もしかしてこれも標準語ではないのか?? 「爪を切れ」)

IMG_2036もっと
  「モットを、もっと、もっと。」(「モットというおいしーーご飯をもっと、もっとください」)


ダジャレ(駄洒落)の「ダ」はダメの駄、だとか、寒い~とか、よく言われますが、

実は、駄洒落は雅な言葉遊び。掛けことば・しゃれことばを存分に利用しているのですぞ。

だれじゃね、だじゃれの好きなアタイのことをばかにしてんのは=3 雅なんよ=3

「七重八重 花は咲けどもやまぶきの みのひとつだになきぞかなしき」

・・・急な雨に雨具(蓑)を借りに来たお侍にひなびたお家の娘っ子がやまぶきの花を差し出したが、
お侍さんはきょとん顔。そこでこの古い和歌を添えました、という話ではなかったでしょうか。
アラ、少しだけ違うようですね。
道灌さんはお花を差し出されて怒って帰宅。後から近臣から和歌のことを教わったようです。
「実の」ない山吹に、「蓑」ないことを語らせた…
おおぅ!お侍さんは、太田道灌さんだったようですね。

そんなに古い時代にさかのぼらずとも、今多く売られている商品の数々が駄洒落だらけですよね。

テレビを見ていても、チラシを見ていてもしょっちゅうダジャレでつけた名前の商品が出てきます。
駄洒落だらけ。

消臭力(しょうしゅうりき)=消臭剤。長洲力にひっかけてる?
ガスピタン=薬。おなかのガス(おならやんか?)がピタンと止まる?
ムシューダ=消臭剤。きっと無臭だ。
イコカ=どこか、行こうか。
スゴカ=SUGOCAは、すごかぁ。
よごれま栓=この石油ストーブのこの灯油のタンクの栓は、手が汚れませんよ。きっと。


しかし、これら商品は計算ずくで命名されていますが(たぶん)、

バチカンの新法王の選挙は、笑ってしまった。根比べ?こんくらーべ。

新法王を決めるのは、なかなか大変。慎重にしなくっちゃ、てことです。

いやいや、にほんごじゃないっしょ、そもそも。






  1. 2013/03/14(木) 05:45:54|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蔵太さま♡

                          H25・3・13

最近読む本といえば、実用書や啓蒙書の類が多く、小説はあまり読ないのですが、

中国新聞に連載されている小説を、毎日楽しみにしています。

(もしかしたら、ほかの地方紙にも連載中かもしれませんね。
 4コマ漫画は、同じものが他の地方紙に載ってましたから)

葉室麟さん著『紫匂う』。

主人公の旦那様が、とても素敵なのです。

これまでの、ざっぱなあらすじ。細かいところは、記憶違いがあるかもしれません。

 幼馴染同士の澪ちゃん(主人公)と笙平くんは、好きあっていて、
 お互いなんとなく結婚するんじゃないかなぁ~と思ってました。
 ところが、それぞれ別の相手と結婚することに。
 出世コースの笙平くんは江戸に行くも、上司に陥れられて、遁走し、地元にこっそり帰ってきて、
 指名手配されることになりました。
 元カノの澪ちゃんは、彼氏をかくまい、救うべく奔走。
 藩主の奥方に真実(彼氏の無実)を伝えます。奥方は笙平くんに会うので、別荘に彼を連れて来い、という。
 ところが、澪ちゃんと笙平くんに追手が迫り、ピンチ!というときに、
 澪ちゃんの旦那様の蔵太さんが現れ、追っ手をうまくけむに巻き、険しい山道を通って、
 藩主の奥方の別荘へと向かう。
 
 ……以降、本日の新聞到着後のお楽しみ……

旦那さんの蔵太さんが、いいんです。素敵だぁ♡♡♡

描かれ方は、彼氏の笙平くんと比べ、
出世もしてないし、イケメンでもないし、あんまり面白味のない人、というイメージでスタートしたのですが。

実に懐の深い、スケールの大きい方です。


一昨日のお話では。

剣法の「一息の抜き」=何事も追いつめてはならず、一息だけ、隙間を空けておけ、という教えを口にし、

彼は人と接するにあたっても、人を追い詰めず、ひと呼吸おいて接しているとありました。

また、だいぶ前には、子どもに、鳥の視点で物事を見よと、諭していた。


私のこんな推敲もされていない原稿ではうまく伝わりませんが。

連載が終わってもしも本になったら、ぜひ読んでみてください。



こういう人に会いたい、というより、こういう人になりたい、と思える人物です。


おお~~~新聞が来た来た!!それではまたでござる。御免。


  1. 2013/03/13(水) 05:55:39|
  2. グレート流・中国新聞ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

実写版 ♢ 

                         2013・3・12


先日、カメラをもって出かけたので、ようやく写真が撮れました。線路上のダイヤ。

相変わらず…写真、ヘタですねぇ。
IMG_2033 だいや
いつもなら、敷石がぎっしりと敷き詰められているから、

線路がこんなによく見えないので、ついついきれいな形に見とれました。

写っている電車は、旧福岡市電の車両。

  1. 2013/03/11(月) 23:11:22|
  2. テツコの部屋(ちょい鉄です)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3・11

   3/11


もう10年以上前の、確か3月終わりの土曜日の昼下がりのこと。

私は、屋外で勤務中。おとーさんは、仕事がすんで一人でお留守番。おにーちゃんは、保育園。

いつもと変わらず過ごしていたところへ、

ぐらぐらっ ゆさゆさっ・・・と揺れが来ました。

確か、最大で震度6弱くらい、広島市内では5弱でしたか。

後に安芸灘地震とか芸予地震と名前がつきましたが、

お客さんもスタッフも、何が起こったかはすぐにはわからず、顔を見合わせて

「地震?」「怖いね」…というのが精いっぱい。

天井の蛍光灯が落ちてこないか、ハラハラしながら見ていましたが、

逃げたり頭を隠したりとかは、思いもつかず、その場で固まって揺れの収まるのを待っていました。


もちろん、地震が来たからとて、すぐに帰らせてもらえるわけもなく、

精いっぱい目の前のゴタゴタ収拾にあたったわけですが、お客さんに怪我もなく何よりでした。


バスは動いていたけれど、電車は夜まで動かず。公衆電話には長蛇の列が伸び。

当時、職場には≪テレビもねぇ、ラジオもねぇ、ましてネットはあるわけねぇ≫(吉幾三さん風に歌ってね)だったので、

詳しい情報は何も入らず、本部からの内線で指示を仰ぐだけ。(今はネットはつながってます)

あれこれ混乱していたように記憶しています。


幸いにも、おとーさんも子どもも無事で、空気清浄機が一台壊れただけで済みました。

(のちに家具を移動した折に判明しますが、少し家の土台が傾いたかも?壁と床の間に隙間ができていたので)


震度5弱で、あれだけ怖くて大変でした。震度7なんて、想像できないです。


地震後の津波。


もし、あの芸予地震で津波が来てたら??お客さんをちゃんと誘導できたか??自信、ありません。

広島はもともと基本的には海に砂が堆積してできたデルタなので(人為的な埋め立てはもちろんしていますが)

どこもかしこも、海抜はかなり低いです。

こどものいた保育園は海も近いうえに、

もしかしたら0メートルか、ひょっとしたら、堤防に囲まれただけの、海抜マイナスの地域。

もし大きな津波が来ていたら、Outだったかもしれないです。




地震・雷・火事・親父、の順番で間違っていないと思います。(最下位の「親父」保留ですが??)



原発。


人によって意見は様々でしょうが、

放射能の影響は、本当に怖いです。

私も母が原爆に遭っているので、被爆2世です。

幸い母も、自分も、元気です。

夫の母(被爆してます)は、がんで亡くなりましたが、夫は元気です。

3世に当たる、息子も、元気です。



ず~~~~っと前に、とある広島県外出身の年上の男性(学生時代のバイト先の上司)から、

「おっかぁに、広島の女とは結婚するな、と言われている」と言われたことがありました。

つき合っているわけでもなく、つき合う予兆すらない、まだ顔を見知って間なしの人に、ですよ!!

怒る、傷つくというより、びっくりしました。

なんでわざわざそんなこと言うねん?と思いました。

もう顔も名前も忘れた、きっと初老を迎えているであろうその人は今どんな人生を歩んでおられるのでしょうか。


友人の画家(では食べて行けず、いま一緒にバイトしながら絵の制作を続けている人)さんも、2世ですが、

どっかヨーロッパに留学してた折だかヨーロッパから留学してきた人との会話だかで、(どっちか忘れました)

「そんな場所(=広島)に住んでいて、大丈夫なんか?」的なことを言われたそうです。


丹念に拾えば、こんな「風評被害」は未だにそこかしこに落ちています。


・・・・・・・

こういうことを、福島付近にお住いの方も、これから先、言われてしまうんじゃないかと、思います。

政府が大丈夫だよって言ってても、風評被害だからとか、なんだかんだ言ってても、

それだけ、放射能による害が、人は怖いんです。


得体がしれないんですから。


自然災害ならばあきらめがついても、「人災」は怒りのおさめどころがありません………


                                   

最後に、明るい話題を。種をまいてもう4~5年越しのアケビに、花芽が付きました。ミツバアケビ、です。

似島のおとーさんと慕っている大先輩のお家の、藤棚ならぬアケビ棚のアケビの子孫です。
IMG_2030 あけびのつぼみ
自家受粉はできないそうです。幸い、二株のアケビに花芽がついています。うまく実がなるとうれしいです。
  1. 2013/03/11(月) 10:09:17|
  2. 今日はちょっぴり社会派です。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

在学中

                             2013・3・10(日)

近頃知り合ったご近所さんとお話ししていたら、いろいろと尋問を受けました。

  お子さん何人? 何歳? どこに行きよってん?

隠すほどのことではないので、

  あぁ、男の子が一人で、高校生です。クロマティ高校です。

そしたら、

  そうねぇ。うちかたは、男の子がオレンジスターハイスクールで、女の子はうさぎ山高校。大学はねぇ……



いやいや、男の子・女の子というほど若いお子さんじゃない気が。どう見ても28歳+ん十ヶ月。

いくつになっても、親にとって、子どもは子どもってことですから、まぁ、いいのですが。




近頃読んだ『さよなら、お母さん。-墓守娘が決断する時ー』信田さよ子著 春秋社 2011・10発行

・・・・の内容とかぶってしまったのです。


いろいろと耳の痛いお話の本でありました。要約はしきらんので、読んでみつかぁさい。


ーーーイケナイお母さんは、自分の子供やらがどう「立派」に育ったかで評価されると思ってるから
          (つまりは世間体、か)
   子供をコントロールしつづけ、その物差しに乗らなければ、価値を認めない。
   子供は「立派」に育っても、心にもやもやが残り・・・・



子供を自分の意のままにコントロールしようとするのは
一人お母さんだけではなく、お父さんも、だったりしますが、
一般的にはお母さんが多い、のかな。


自分は、母として、おっとっとは父として、

息子に対して、どうや?

胸に手を当てて考える時が今でしょうね。


ーーーそういえばうちのおばあちゃんは母をコントロールしてきてた  よなぁ 

母にわたしもコントロールされてた よなぁ

それが嫌で 家を飛び出しましたが

母は気づいてくれたのだとおもいます、今は解放されている と思う。

でもおばあちゃんは、気づいていない 何も解放していないです 

たぶん年なので、気づく気も 気づく機会ももうないかもしれないですが。

ちょっと前の時代なら、そういう方法で万事、

子供の心も含めて、うまく回っていく社会だったんだと思います。



ーーー閑話休題ーーー

子どもには子どもで勝負してほしいです。

そして、自分は自分で勝負したいです。


なので(???)ご近所さんに負けないよう(笑)、今日から履歴書の学歴欄には

「どんなもん大 だいじょう部 まぁいっ科」在学中、と書くことにしましょう。


入学資格はぶ厚い面の皮と好奇心。目立たないけど実はヘン!な人を目指して日々精進してまいります。



※注釈※
クロマティ高校・・・グレートメカ沢の名前の由来となった本家メカ沢君も通う高校である。
          野中英次さんの漫画本のタイトルでもある。「魁‼クロマティ高校」(講談社)
          この漫画、サイコー!野中さん、サイコー!

オレンジスターハイスクール・・・ドラゴンボールの孫悟空とチチさんの息子・孫悟飯くんの通う学校。
                悟飯君は後の奥さんとなる、Mrサタンの娘とここで出会うのだ。

うさぎ山高校・・・京都アニメーション(京アニ)制作の「たまこマーケット」の主人公たちが通う学校。
         デラちゃんという鳥のキャラが、
         グーグーガンモとかぶって見えるのはある世代以上の人共通の現象らしい。

  1. 2013/03/10(日) 08:21:28|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

線路上のダイヤ

                                  平25・3・9記

年度末が近いせいか、あちこちで工事中です。

昨日、8日も花粉なのか黄砂なのか、空気が霞んでおりまして、

ただでもぼ~~~っとしがちな筆者は、その能力をいかんなく発揮。

昼下がり、ぼ~~~~~っとしておりました………ら!

工事現場でダイヤを発見。 

お断りしておきますが、こけたわけではありませんよー!

ほーら、真ん中に、ダイヤ
線路のダイヤ

何の工事現場かというと、電車の線路です。

広島駅構内・市電終点ほど近く、線路やポイントの工事中のようです。

民間の会社だから、「年度末だから」の工事、ではないのかも知れませんね
線路のダイヤ。
左側から来た電車が黒い矢印の方・終点に向けて進入します。

(実はこの先、さらに分岐しているのですが、複雑になるので、カットします)

終点から発車の際には、緑のほうから進んできます。



敷石を剥いでの工事のため、線路がよっく見えます。

線路は新品できれいに光ってるし、

レール同士をつなぐ線(?)は時間が経つと油にまみれて黒くなりますが、新品。きれいに輝いてます。

銅なのでしょうか?新品の十円玉色に光ってます。

十円玉色の輝き
レールの下には(当たり前だけど)枕木があるんですね。見たこと、なかったです。

百聞は一見に何とやら。へたっぴいなイラストでは、伝わらないぞぅ。

めったに見られないこの光景が、伝わらないぞう!!

カメラ、常に持っとかなくっちゃぁ!と思いました



 
  1. 2013/03/09(土) 06:24:20|
  2. テツコの部屋(ちょい鉄です)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目にもマスクを

                        2013・3・8

何やらいろいろ飛んでますね

大きいものでは飛行機やら。

中国~四国地方あたりで、おこめ軍の夜間訓練飛行訓練があるようです。

お昼でも相当やかましいのに。

ルートのご近所の方は夜だとますます困るでしょう。落ちてきそうな機種だから余分に怖い。


また、小さいものでは花粉やら 黄砂やら 今話題のPMなんたらやら インフルエンザのウイルスも。


高度成長時代にバリバリだったおとーさんが(注:職場の大先輩です。定年後一緒にバイトしてます)

「まぁ、日本も昔はおんなじように汚れた空気出しよったんじゃけえねぇ。じゅんぐりよぉねぇ」だって。

あ!そういう見方もありますね。ちょっと目からウロコ、です。


それにそれに!

去年も確か同じように汚れた空気が黄砂とともにたくさん飛んできてて、

そして、去年も目がかゆくってくしゃみが出てましたが、

報道は今年ほどではなかったように思います。


むむむ・・・?もしかして…???

ひのもと政府も中の華政府と同じように、情報とーせーですかねぇ?

中の華国では、国内の不満を政府に向けさせないために、隣の国への不満を煽っておおデモが起こったり、

隣の国の車やお店が焼かれたりしたのは、去年のことだったと思いますが。

こう、猫も杓子も、どのテレビ局でもPM2・5のことばっかりやってると、

ひのもと政府も国民から なんか不都合な真実でも隠しているんかい、と、勘ぐってしまいまする。


・・・・とはいえ、風向き的には、

黄砂も含めて、お隣さんからあれこれ飛んできやすい季節になったことには変わりありません。

みなさ~~ん。マスクしてますかぁ?

今日のローカルニュースでもマスクの特集してました。

いいなぁ、と思ったのは、ひものないマスク。シリコンゲルのシールを顔に貼って留めるマスクだそうです。

デコれるマスク、なんてのもあるそうです。まだ、街で見かけたことはありませんが、

映ってたのは淡いピンク色のマスクに、付属のシール等でデコって、おしゃれにするもの。

中国や韓国では、もっともっと派手なマスクがあるようですね。

週刊誌をちらっと見てたら、いろいろあって楽しそうでした。

折角なので、日本でも面白いマスクが流行ればいいのになぁ、とおもいます。。

たとえば、立体的なマスク。

形はすでにアヒルのくちばしですから、柄や色もアヒルのようにしてみたらいいのになぁ。

個人的には、目の方がかゆいので、目にもマスクがほしいです。

ねむつ

・・・なんか違う気が・・・ ??

「気にしない、気にしない。一休み、一休み。」


朝はきっちり目が覚めるのに、お昼下がりに目元がどんよりしてしまう今日この頃、

仕事中に眠気が来たらでも、春眠暁を覚えずな季節なのよ、と言い訳を。

お昼寝で横になれれば、超ハッピー。
  1. 2013/03/08(金) 00:46:28|
  2. 今日はちょっぴり社会派です。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一足先に朝

            3・7

近頃、夜明けがずいぶん早くなりました。

ここ広島では大体6:30頃のようです。

でも山があるので、実際に平地に日が射すのは7時ごろかな?

ふと空を見たら、とっくに朝が来ている場所を見ーつけた。

上空の飛行機。

一番星より明るく光ってました。

一足先に朝

新しいパソコンのお絵かき道具≪ペイント≫。

ブラシなどもいろいろ種類があって、面白いのですが、まだまだ使いこなせませんですねぇ。

青いのが地上部分で、空の色も塗り分けたつもりですが。。。。

お見苦しい絵で、失礼しま~す
  1. 2013/03/07(木) 06:14:51|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目覚ましよりも早起きなのだ

                            2013・3・6

昨日はお騒がせいたしました。おにーちゃん、すっかりふつーの状態、です。
私も経験がありますが、急に精神状態が変わることがあります
自分が一番しんどく、自分で何とかせんといけんのんですよね。でも何ともできんからしんどいんですが。。
助け舟を求められたときには、船が出せるよう、
自分で何とかしていくのをハラハラしながら見ていこうと思います。

閑話休題。

みなさんは朝、どうやって起きられますか。

携帯の目覚まし機能を使ったり、テレビのタイマーをかけたり、でも、

おおかたの方は目覚まし時計、かな…?

私も目覚まし時計をかけていますが、

ここ十年くらい、目覚ましの鳴るわずか5分前に必ずと言っていいほど目が開くので、

それで起こされることはあまりありません。

切らなければ5分ごとに鳴る機能で「あと五分」まどろみを楽しむくらい、です。

今日も、5分前にきっかり目が開きました。

これって、才能??(年や、ト・シ!!)

お休みの日でも、朝寝が楽しめなくなってきた今日この頃。


それでは、今日も行ってきま~~す。

  1. 2013/03/06(水) 06:07:37|
  2. 四方山話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

調子悪そうです・・・

                    2013・3・5

昨夜のこと。

さっきまで普通だった息子が急に「気分が悪い」といって、泣き出した。

「どしたん」

「聞くな」

そっとしとくしかありません。


いろいろと 葛藤のお年ごろ。







続きを読む
  1. 2013/03/05(火) 07:27:30|
  2. ココロコロコロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くノ一?



背中にしのばせた棒に手を伸ばす、何やら怪しげな人影・・・

ま・まさか忍者、くノ一か??
くのいち?

・・・とおもったら。笛のおけいこ中の筆者でした。

夏休みのころ、近所の公民館で篠笛を作りました。

そのとき一緒に作った皆さんと、地元の上手な方を師匠として練習しています。

月一回くらいのお稽古日ですが、下から数えて一二番の出席率の弟子なので、なかなかうまくなりません。


が、やっとなんとなくコツがつかめてきました。苦節六か月!出席してないから苦節でもないか?




歌口(空気の吹込み口)を下唇で三分の一~半分弱ふさぎ、

上唇と下唇の間の空気穴から笛に吹き込む。その時の空気の流れのイメージが水色の線です。

空気の流れ

これで、鳴る?かも。


まだ、お囃子の音色にはほど遠いですが、少しずつ音階が取れてきているようで、非常にうれしいです。



・・・で、なんでわざわざ背中に笛を差しているのか??

笛など長いものは、ポッケや懐などに入れて持ち運ぶと邪魔だし落っこちたりするでしょう。

あのように背中にさしておくと、落ちないし両手が空くからよいそうです。

なるほど。だから忍者なんどは背中に剣を差しているのか。

伝統的な動きや形にいろいろ意味があることも教えていただいています。

日本の文化は奥が深そうです。
  1. 2013/03/04(月) 17:02:24|
  2. 公民館万歳!!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ